CrossTalk

フラットな社内風土で
安心して業務に取り組める

上長×エンジニア

清水さんが入社当時の会社の印象について

清水清水
前職までに同様の設計経験が無い状態での入社だったので、出来るかどうか不安がありました。プラントとは何か?部品の名称などもゼロから覚える必要があり、最初はやはり大変な毎日でした。
でも、分からないことは四方さんに色々聞ける環境でしたし、都度自分でも調べながら対処していました。
社内全体としては、今よりもっと各自が独立した個人商店のような雰囲気が強かったように思います。
四方四方
清水くん、すごく真面目で当時は私も多くの仕事を抱えていたので、非常に助かった印象が残っている。図面の作成ひとつとっても、一人でこなすには限界があり、チームとして取り組めたのは本当に助かったよ。
一つずつ仕事を覚え、近くで成長を見てきたので、今はほとんど一人でこなす姿が頼もしく思ってるよ。
清水清水
改めて褒められると恥ずかしいです、、汗出てきました(笑)
四方四方
まあでも、未経験な部分もあったけど、現場に出て自分が窓口となって仕事を受け持つという前職の経験は大きかったんじゃない?
入社当時からそのあたりはスムーズに出来ていたと思う。
清水清水
そうですね。そのあたりの経験は役に立ちました。
また、CADは使えたので割と最初のほうから図面も書かせてもらいましたが、四方さんに提出するとすごい量の赤ペンチェックが、、本当に図面が真っ赤でした。とにかく必死で設計を学ぶ日々でしたね。
四方四方
今だから言うけど当時は厳し目にチェックしてたんですよ。
「これでも間違いでは無いかな?」と思う部分でも、「もっとこうした方が良くなる」ということは、出来るだけ正確に伝えるように心がけてた。
清水清水
そうだったんですね。
今となってはとてもありがたいことです。

仕事のやりがいについて

清水清水
計画、設計から試運転まで携わることが出来るから非常に面白いです。
色んな工程がありますが、お客様にも確認いただき最終的に問題なく納品できたときに達成感があります。やってて良かった、また頑張ろうと思える瞬間です。
困ったとき、フォローしてもらえる実感があり裁量権も持たせてもらえるので、自分で出来る限り前に進む意欲が湧いてきます。
四方四方
清水くんに対して、今となってはフォローすることもほとんど無く、業務はすべてと言えるくらい安心して任せているし、気を付けているとすれば業務が重なって溢れることがないよう注意しているくらいかな。
営業活動や受注業務は私の仕事なので、そのあとの仕事は安心して「お願いね」と渡してるよね。
清水清水
そうですね。
また、若いメンバーも入ってきているので今度は自分がフォローする立場になってきているように思います。

社内の雰囲気について

四方四方
部署が違うと担当現場や仕事内容も異なるので、メインは各部署内でのコミュニケーションが多くはなります。ただ、改造設計(技術部)と電気制御で相談しあったり、メンテナンス部と新設(技術部)で情報共有する必要があったり、
社員もそこまでたくさん居るわけでは無いので、役職や部署の垣根を超えて結構フラットな感じですね。
清水清水
確かに、分からないことは部署違いでもどんどん聞きますし、答えてくれますし、社長をはじめ役職とかあまり関係なくコミュニケーションがとれる関係性です。
特に四方さんとは同じ現場に赴くことが多く、数日間行動をともにするみたいな事がありますね?
四方四方
そうやね。
出張の場合は昼間の現場はもちろん同じで、夕方から飲みにも行って、とか。
清水清水
そうですね。四方さん穏やかな雰囲気でめちゃ飲んでめちゃ食べるからびっくりします(笑)
四方四方
そうかな(笑)
北海道のご飯屋さんも美味しかったね。
清水清水
あの時大変でしたね。
急遽サポートしてもらって本当に助かりました。
必要な業者の手配もつかず、時間も無いし、専門外の対応も必要になって本当に焦りましたが、四方さんはじめ元請けさんや社内皆の協力も受けて何とか乗り越えることができました。
四方四方
確かにあの案件は一致団結で乗り越えたね。

今後の目標について

清水清水
受注業務やその案件の全体計画は決めてもらったうえで、その後の設計や折衝等の工程以降に取り組んでいる現状なので、今後は受注段階の最初から最後までの業務が出来るようになりたいですね。
四方四方
このまま続けていったら清水くんは全然大丈夫。
裁量権があると言っても、それは仕事に対する責任感があってこそ成立するし、
今と同じように、分からないことも常に学びながら取り組む姿勢をキープしてもらえたら、今後もどんどん成長できると期待しています。
清水清水
ありがとうございます。
引き続き今後も頑張っていきたいと思います。